さんた工房

病気知らずで生きてきた

● 病気しらずだ。ずっと健康だった。病院でお世話になった思い出は小学生の頃、母が働いていた工場に行って犬に足を噛まれた。

そのころ破傷風というのが流行っていて、なんか注射と包帯で傷口を塞いでいた思い出がある。

● 19歳の頃盲腸になり、仕事中に急に入院。。1週間ほど入院した。。今の盲腸は1周間もかからないだろうが。。そのころは盲腸と言えば一週間だった。
 

血圧計
血圧計

毎日血圧測っているけど、一向に下がらない。

一番低い時で138.. 高い時は168 ここまで来たら少し心配になる。

高血圧はどういう状態になるんだろうか?

脳や心臓の血液が回りにくい血管障害から脳溢血、脳卒中。心筋梗塞、狭心症、腎臓も悪くなる。

もう血のまわるところのすべての病気だ!

だから太り過ぎに気をつけて、塩分控えめの食事で、血液サラサラにしないと駄目だということだ。

若い時は考えたこともなかったのに。。

● 血圧高くても毎日の生活は困っていないし、フラつきがあるわけでもない。

 結局病院に言って話したら血圧の薬だしましょうか?と言われたのでもらってきた。

アムロジピンOD
アムロジピンOD

 毎朝食後に1錠のんでいくつもり。この薬は安かったなあ!調剤薬局で77日分850円だったかなあ!

≪ 一日人間ドック体験=労災病院  |  酢茶健康法-四十肩五十肩に ≫